ホーム > 不動産売却事例集

不動産売却事例集

名古屋不動産売却110番が取り扱った事例をご紹介します。
ご紹介する事例は、ご本人様の承諾を得た上で、
仮名でのご紹介とさせて頂いております。
売却をお考えの方の参考になれば幸いです。
※物件のイラストはイメージ画像になります。

  • 種別
  • 全体
  • 土地
  • マンション
  • 一戸建て
登録件数:149件

尾張旭市 戸建の売却

尾張旭市戸建の売却事例
売却価格1,800万円査定価格1,700万円
詳 細

諸事情のため任意売却を考えいる方からのご相談でした。
複数の不動産会社へ相談したとの事ですが、殆どの業者が自宅売却のみに関心があったように感じていたそうです。
私は、ご相談者様のこの先の生活を最優先に考えてアドバイスさせて頂きました。
最初はプライドもあり、任意売却をする事は逃げているようで嫌とおっしゃっていたのですが、ご相談者様は、『早くきちんとした形で再スタートを切る事が家族に対しての責任』だと考え直し任意売却を決意されました。
お客様には“どこの不動産業者と言うよりは、そこで担当となる営業マンが結局は決め手となる”と実感して頂きました。

小牧市 戸建の売却

小牧市戸建の売却事例
売却価格2,500万円査定価格2,300万円
詳 細

住宅ローンの返済困難による自宅売却のご依頼を頂きました。
お客様は年齢による衰えにより仕事時間が減ってしまい、また病気になってしまった事で安定した収入が得られない状況が続き、それが原因で住宅ローンの返済が難しくなりキャッシング等を考えていたと言うところで相談に来られました。
話を聞いた上で、任意売却と合わせて、今後の生活の事を加味し、自己破産の提案をさせて頂きました。
当初は自己破産には踏ん切りがつかなかったご様子でしたが、最後は全てをお任せして頂き決心がついたようでした。
早い段階でご相談頂いた事で新たな借金をする事もなく、今は新たなスタートを切っています。

岩倉市 戸建の売却

岩倉市戸建の売却事例
売却価格1,900万円査定価格1,900万円
詳 細

住宅ローンの返済ができなくなり、金融機関等から何通も手紙が届いているが、どうすれば良いのか分からないので相談に乗ってほしいとご連絡を頂きました。
お話を伺ったところ、滞納してから9ヶ月程経過しており、税金の滞納もあり、役所から差押されている状況でした。また、金融機関からの手紙は代位弁済、債権回収会社への債権譲渡、任意売却等に関する内容でした。
まずは状況把握するために、債権回収会社、役所等に現在の滞納額の確認・調査を行い、任意売却することができるかを確認していきました。
確認した結果、任意売却は可能ですが、税金の差押を解除できるかが一番懸念される部分でした。税金の差押解除には滞納分を全額返済する必要がありますので、返済可能かどうかも含め売主様とじっくりお話させて頂きました。
相談の結果、売主様はある程度時間があれば税金の滞納費用は捻出できると言うことでしたので、今の状況を維持していけば債権者の了解も得られやすく、売却活動を進めていけます。但し、売却が成立しても債権の一部は残ってしまいますので、債権者と相談のうえ残った残債は返済していかなければならないことをご説明、ご了解いただいたうえで、売却活動を開始しました。
売主様にとって少しでも良い金額で売却が出来るように広告活動を積極的に行っていきました。室内が綺麗だったこともあり、ネット掲載写真の見栄えが良く、多くの方から室内を見たいとの依頼が入り、ご案内した数組のお客様の中で一番高値を付けて頂いた方と無事お取引することができました。
売主様には残債がかなり減らせ、これで次へ進んでいけると喜んで頂けました。

名古屋市西区 戸建の売却

名古屋市西区戸建の売却事例
売却価格2,500万円査定価格2,400万円
詳 細

今の家に住み続けたいのですが、どうしたら良いか教えてほしいとご相談を頂きました。
5年程前に離婚した元旦那が住宅ローンを組んで購入した戸建住宅に娘と二人で暮らしていたら、突然金融機関から督促状が届きました。訳が分からず元旦那に連絡したところ、1年程前に会社をリストラされ、収入が安定しない中、何とか住宅ローンを返済していたのだが、自分の家賃、生活費、住宅ローン返済、養育費を支払っていくことができなくなってしまったと打ち明けられました。ただ、なぜ私の所に督促状が届いたのか聞いたところ、住宅ローンを組む際に連帯保証人になっていたとの事でした。
このまま債権者と連絡を取らずにローン返済を放置していると債権回収会社へ債権譲渡され、競売になってしまい、今の家に住み続けることができなくなってしまいます。
まずは税金滞納等がないことを確認させて頂き、債権者と元旦那様を交えて任意売却での債務整理を行っていきたい旨を話し合いに伺いました。
その後、何度も債権者と話し合いを行い、任意売却で話を進めていくことに合意して頂けました。
奥様は、売却後もそのまま住み続けることができるリースバックをご希望されており、その条件を受け入れて頂ける買手は、投資家又は不動産業者となります。
すぐに投資家と不動産業者にご紹介させて頂き、債権者の了解が得られる価格で買手を見つけることができました。 奥様は、ご近所の方に知られずにそのまま住み続けることが出来ると安心され、とても喜んで頂けました。
元旦那様も一時は、破産することも考えていましたが、自分が破産するとすべて奥様に負債が行ってしまい、そうならない為には、奥様も破産しなければならなくなってしまいます。ただ、破産することだけは避けたかったので、残債は残りましたが、返済額が少なくなり、これなら奥様の負担にならないように支払いがしていける、これで新たなスタートを迎えることが出来ると喜んで頂くことができました。

小牧市西之島 戸建の売却

小牧市西之島戸建の売却事例
売却価格2600万円査定価格2500万円
詳 細

築30年になる某大手住宅メーカーの戸建を一般媒介でお預かりしました。
外壁塗装や防水工事をしたことが無かったので建物価格はほぼ無いに等しく、土地代金の110%の価格で査定しましたが、某大手住宅メーカーの不動産部が「建物も十分に価値がある!」と媒介に入ってきたので120%の土地代金で販売開始いたしました。
三方道路で陽当たりも良く、駐車場も多いので直ぐに売れると思いましたが他社も含め反響がございません。
3か月が経過したところで価格を変更して頂き、ほぼ土地代金になりましたがやはり他社を含め反響、問合わせが入りません。半年が経過し2度目の価格改定を打診していたところ、内覧希望の連絡が入りました。
現地で内覧のご案内をしていると、他の不動産業者も内覧客を連れています。相手にこの物件を取られたくないという気持ちからか、2組両方から購入申し込み書をいただき、無事成約に至りました。

名古屋市北区 戸建の売却

名古屋市北区戸建の売却事例
売却価格2000万円査定価格2000万円
詳 細

住宅ローンの支払いが困難な為、自宅を売却したいとご相談を受けました。
まずは住宅ローンの他に滞納があるか確認させて頂いたところ、固定資産税・都市計画税の滞納があり、既に差押についての通知が来ているということでした。
自宅を差押される前に売主様と役所へ伺い、今後のご相談をさせて頂きました。
※多くの方が支払い困難になると税金等の督促通知を無視し、その結果自宅を差押されてしまうというケースも少なくありません。

これにより、売却時の債権者への話も通りやすくなりました。
その後、何度か債権者と価格について打合せさせて頂き、話合いの末売出価格を決定いたしました。
売主様の意向としては、できるだけ残債務を減らしたいということでしたので、まずは物件の内覧に訪れたお客様へのイメージアップに繋がるように、先行しての引越しと残置物撤去のご提案をさせて頂きました。
室内退去後、インターネットポータルサイトへ室内写真を多数掲載して、ネット反響を拾いながら、同時に折込広告、オープンハウスを実施したところ、スムーズに購入者を見つけることができました。
残債務は若干残りましたが、今後の生活に支障が出ない程度で債務を返済していける様に債権者と話をまとめることができました。
売主様からは『これでまた再出発ができるありがとう』と感謝の言葉を頂くことができました。

瀬戸市 戸建の売却

瀬戸市戸建の売却事例
売却価格2,280万円査定価格2,200万円
詳 細

離婚によるご自宅の売却依頼です。
物件は築浅ではあったのですが、室内荷物も多く清掃も行き届いておらずこのまま売り出すには勿体ないと感じました。
売主様はご自宅に対して既に全くの無関心、住宅ローン残債と売却経費に加え引っ越し費用等の準備金も売却価格から捻出して欲しいと言う事で、出来るだけ高く売れればそれで良いと言う心情が前面に出ていました。
離婚という事でその心情は理解出来ますが、買主様に売主様の事情は関係ありません。
そこで私は第一段階として、売主様に室内を出来るだけスッキリさせる様に整理整頓と不要物の撤去をお願いし、その後の清掃は弊社にて請け負いました。
すると今度はクロス等の汚れ、建具の傷等が目立ってしまい、“前よりは良くなった”程度にしか変わりませんでした。
次の段階としてリフォーム後引渡しを提案しました。但し、その費用は売却価格からの相殺です。買手が見つかってからリフォームすると売主様の持ち出しはございません。
物件自体は良かったので“リフォーム後引渡し物件”にすることで希望はクリア出来ると説明し、売主様は“もう全て君に任せた!!”と言ってくださりました。
リフォーム内容を明確にはしませんでしたので、物件を気に入ってもらった方の希望に対し、売買価格の値段交渉を調整する事で乗り切れると思っており、結果としてローン残債やリフォーム費用を含む売却経費に加え引っ越し費用以上の現金を残す事が出来ました。

みよし市 戸建の売却

みよし市戸建の売却事例
売却価格3,640万円査定価格3,500万円
詳 細

転勤によるご自宅の売却依頼です。
引っ越し完了間際で早期売却希望、買取価格はどれ位になりますか??と言うご相談でした。
遠方への転勤と言う事で、売却手続きが面倒になる位なら、多少安くても売却してから引っ越ししたいというお考えでした。
買取業者でもある弊社が買主になれば引っ越し完了日当日に一括支払いする事で契約と引渡し(売却完了)の同時手続きが可能です。
それまでの準備は多少あるもののたった一日で全てが完了します。
但し、今回は住宅ローンがそこそこ残っていた事などにより買取価格では売却する事が出来ませんでした。
私はお会いする前から買取価格では折り合いが付かない事は想定済みだったので、仲介市場での売却は問題ない事を分かり易くお伝えする為の準備(資料作成等)を前もってしており、たとえ遠方への引っ越し後でも面倒な事は何一つ無い事をご理解していただいた上で鍵を預けて頂きました。
買取と仲介のメリットはそれぞれ違います。そこはお客様のご事情次第というところが大きいですが、どちらを選択頂いても弊社であれば最高の結果をお約束します。

日進市 戸建の売却

日進市戸建の売却事例
売却価格2800万円査定価格2600万円
詳 細

新築へ住み替えのお客様より今の自宅を売却したいとご依頼を頂きました。こちらのお客様は、ご縁があって以前私が土地の売却のお手伝いをさせていただいた方でしたので、「信頼してホームプランナーさんにお任せします」と言っていただきました。物件は、昭和63年新築と築30年以上経過する戸建住宅です。30年以上住んでいましたので、当然経年変化による劣化や傷みはあり、率直に買い手が見つかるまで時間がかかるかもしれないことをお伝えし、販売開始いたしました。
まず、物件はバブルの時に建てた高級な内装と、7LDKという間取りに特徴があったのでそれを全面に売りにし、室内クリーニングを業者に依頼し(弊社では専任媒介でご依頼されたお客様に室内クリーニングのサービスがあります。)出来る限り見栄えを良くし、インターネットにきれいな写真を投稿し、販売いたしました。
購入された方の決め手は「7LDKで元がよさそうな物件なのでリフォームすればまだ使える」と思ったからだそうです。
弊社では、不動産を売却するに当たり、その不動産の良いところ、特徴を十分把握、調査し、売主様の大切な不動産の価値を最大限高め売却することを心がけております。

瀬戸市 戸建の売却

瀬戸市戸建の売却事例
売却価格1640万円査定価格1600万円
詳 細

離婚による自宅売却のご相談がありました。
一日平均数組は離婚が成立している時代ですので、この様な依頼は少なくありません。
戸建の一人暮らしも選択肢としては有りかと思いますが、ご近所の目もありますので売却したいと思う気持ちも分かります。
物件は瀬戸の中でも田舎な地域にありましたが、室内外共に程度が良く土地も広くて開放的な空間を実感出来るとても素敵なご自宅でした。
売主様には、売出価格さえ間違わなければ必ず売れるとお伝えしたと同時に、高く売ろうとすると苦戦する事、更に多少の割安感を持たせないと、どれだけこの家に魅力があってもこの地域を選ぶ方は少ない事をお伝えしました。
売主様もその点についてはご理解頂き、数社の査定価格を比べた上で、そこから少し下回る価格で販売する事で予想通り早期に買手が付きました。
地域に対する需要がそれ程見込めない場所での不動産は、割安感を持たせないとまず売れません。
そこを理解するのか、イヤイヤと割高で売出すのかでその不動産の未来はある程度予想出来きます。
苦戦しない為にも売主様にはしっかりと消費者心理や傾向をお伝えし、その事を理解してもらう事が大切だと思う事例でした。

登録件数:149件