ホーム > 不動産売却事例集

不動産売却事例集

名古屋不動産売却110番が取り扱った事例をご紹介します。
ご紹介する事例は、ご本人様の承諾を得た上で、
仮名でのご紹介とさせて頂いております。
売却をお考えの方の参考になれば幸いです。
※物件のイラストはイメージ画像になります。

  • 種別
  • 全体
  • 土地
  • マンション
  • 一戸建て
登録件数:123件

名古屋市北区 土地の売却

名古屋市北区土地の売却事例
売却価格1200万円査定価格1150万円
詳 細

不要資産を売却したいとご相談頂きました。
売主様にお話を伺った所、数年前に火災で住宅が焼失した土地は売却できるのかとのことでした。人は亡くなっていないということでしたので、売却は可能ですが、価格はかなり下がってしまうこと、売却には時間が掛かることをご説明させて頂きました。
また、近隣は工場等が多く、かなりの騒音がある為、まずは近隣の状況が分かっている隣接地の方に資料を持ち込みました。すると前々から隣接地を買えないか考えていたというお話しを頂きました。
価格の交渉は入りましたが、売主様の納得できる金額で早期に売却することができました。
今回は火災というマイナス要素がありましたが、売出す前に成約できた稀なケースです。

名古屋市南区 土地の売却

名古屋市南区土地の売却事例
売却価格830万円査定価格800万円
詳 細

相続資産の売却依頼です。
土地査定価格に反映される主な要因としては、面積・地形・接道方向・接道間口・接面道路幅員・土地状況・隣地状況・陽当り・・・等々様々な要因がございます。
例えば、坪単価50万円くらいが相場のエリアがあるとして、そのエリア内の土地が全て単価50万円程度で成約する事はございません。
個々に特徴があり、消費者に受け入れられすい特徴であれば付加価値を付けますし、個性が強すぎる特徴であれば査定単価を下げます。本件土地は個性が強すぎる特徴(狭小間口の長方形色が強い)であったために周辺相場の約7掛けくらいで査定致しました。
このような地形の土地を売る場合は隣地に声を掛ける事が鉄則ですが、例にもれず隣地の方が買手と成り得ました。
当然ながら周辺相場より抑えた坪価格であったために売買が成立したという事です。

名古屋市北区 土地の売却

名古屋市北区土地の売却事例
売却価格1100万円査定価格1100万円
詳 細

母親のご自宅を売却したいとご依頼いただきました。
現在は引越しされておりますが、室内の荷物などはそのままの状態になっている為、このまま放置しておくと、放火されてしまう恐れがあること及び、空き家対策特別措置法の特定空家に認定されてしまうと固定資産税が高くなってしまう等、マイナス要素が多い為、早期に売却すすることをお勧め致しました。
売却活動を始める際、近隣の方が興味を持っているとお話しを頂きすぐに購入提案をしに伺いました。
価格は若干交渉が入りましたが、売主様、買主様がお互いに納得して頂く条件で売買が成立し、双方に喜んで頂くことができました。

岡崎市 土地の売却

岡崎市土地の売却事例
売却価格800万円査定価格1200万円
詳 細

区画整理の予定地にある築50年の空き家を処分したいとご相談頂きました。
販売開始してすぐに多くの反響を頂きましたが、区画整理の計画決定までは換地も決まっていないので誰も契約まで踏み切れないのが現状でした。
売主様も遠方にお住まいなので頻繁に愛知県までこれ無い為、空き家での火事等が心配で心労も多く、多少安くても早く処分したいとのご希望でした。
相場より安くなりましたが、現況のまま近隣の建築業者様に購入してもらい、肩の荷が
下りたと売主様も喜んでいらっしゃいました。

名古屋市中川区 土地の売却

名古屋市中川区土地の売却事例
売却価格1400万円査定価格1400万円
詳 細

他社での専任媒介で販売中だがなかなか売れないからと相談を頂きました。
大きな河川の近くで河川よりも低い立地のため、売主様ご自身もそこに建築したくなく
売却して別の土地を購入し、家を建てたいとのご希望です。
売主様に「ご自身が嫌なものを、人が高くは買ってはくれません」と価格改定をお願いしたところ、「価格は下げたくない」との事でしたが、住宅展示場の各メーカーに紹介した結果や、折込チラシの反響、建売業者様への買取依頼の断わり等を毎度細かく報告したところ、少しずつですが価格を下げて頂けました。
価格改定後の広告を見た購入希望の方から更なる指値はありましたが、その指値がそもそも私の査定額であったので、快く承諾して頂き契約決済となりました。

江南市 土地の売却

江南市土地の売却事例
売却価格650万円査定価格600万円
詳 細

相続により取得された建物を10年間ほど空き家(倒壊の恐れがある状況)にて所有されておりました。
平成26年11月19日、空き家等対策に関する特別措置法が成立し、同月27日交付された事をきっかけに売却の相談を受けました。
当初は契約後に建物の解体を行う事を条件にした販売を行いましたが、問い合わせが少なかった為、売主様と相談の結果値下げを行う案もでましたが、値下げは行わず建物を解体し、更地での販売をご提案させて頂きました。
解体完了後1週間にて希望額以上の金額にて契約を行う事が出来ました。

※市町村で危ないと判断された空家(倒壊の危険等がある空き家)は、特定空家として認定されることがあります。認定された場合、その土地にかかる固定資産税の軽減措置(住宅用特例)が対象外となり、たとえ建物が立っていたとしても、更地同然の課税になり、土地の固定資産税が6倍に増加してしまいます。
さらに、特定空家に認定された場合、市町村は所有者に対し撤去・修繕などを指導・助言し、従わなければ命令までできることになっています。そして、その命令に従わなかった場合は、50万円以下の過料に処せられます。

あま市 土地の売却

あま市土地の売却事例
売却価格800万円査定価格800万円
詳 細

東京在住の方から相続した物件を売却したいとのご相談を受け物件を見に行きました。
昭和60年に建てられた鉄骨2階建てのアパートでもう10年以上だれも使用していないとのことでした。
 2DK×4部屋でしたが中を見せていただくと使用出来なくは無いですが、築30年たっていますので修繕、リフォーム費用を考えると解体更地にし、土地として売った方がリスクは少なく済むと説明いたしました。
 売主様も納得して頂き、土地の査定額の通り800万円で売却することが出来ました。

小牧市 土地の売却

小牧市土地の売却事例
売却価格1570万円査定価格1500万円
詳 細

相続資産の売却依頼です。
所在地域は郊外型の住宅団地で、その需要傾向は少子高齢化の影響を受け依然として弱く、この先も改善の見通しはございません。
よって、年間を通して供給過多な傾向があり、その中での売却となると売主様にはシビア(購入時単価との落差)な価格をご提示する事になります。
不動産に限らず“物が売れる売れない”はその需要も大きな要因です。
その中で、割高単価で売出しにより買手が一向に見つからない物件も多数存在している事も事実です。
本件については、上記現状をご理解頂いた上で、販売単価を抑えた事により比較的スムーズに売却する事が出来ました。

名古屋市中川区 土地の売却

名古屋市中川区土地の売却事例
売却価格2100万円査定価格2000万円
詳 細

古い診療所付戸建の売却相談を頂きました。長い期間空家の状態でどうしていいのか困っている状況でした。売主様は高齢であり、なおかつ他県にお住まいで名古屋に頻繁に来ることは難しい状態でした。
依頼を頂く際にお会いさせて頂き、思い入れがある建物でしたが築30年以上経過しており、このままでは近隣の方に迷惑がかかるので、売却する意思を固めて頂きました。
売却活動を開始する前に近隣の方にお話しをしたらぜひ購入したいと、意思表示を頂きました。売主様もよく知っている方でしたので安心して取引を任せて頂きました。
昨今古家付の空家が社会問題となっております。状況によって色々対処方法は違うかと思いますがひとつの例として解決した案件になりました。

名古屋市南区 土地の売却

名古屋市南区土地の売却事例
売却価格2350万円査定価格2200万円
詳 細

築55年なりの外観ですが、内部はお金をかけリフォームしてあった木造古屋付土地の売却依頼を頂きました。ユニットバス、キッチン、床暖房、床下の状態等、10年ほど前に改装し綺麗な状態だったので中古戸建としても販売しました。
ほとんどの方が古すぎるので更地にしてほしいとの希望でしたが、古くてもいいので広い家が必要なお客様が、将来建て替える前提で土地として購入されました。

登録件数:123件